朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「相手」を気遣う人・朝礼ネタ

朝礼ネタ・スピーチネタ
「自分」を気遣う人、「相手」を気遣う人

“カイゼンの達人”キヤノン電子代表取締役社長・酒巻久氏

やさしい人には2種類あります。1つは「自分」を気遣う人。もう1つは「相手」を気遣う人です。自分を気遣う人がやさしいと思われがちですが、そうではありません。

「こんなことを言ったら部下に嫌われてしまうのではないか」と自分を気遣う人は、部下に厳しいことを言いません。こういう人は周囲の評価が高いことが多いのですが、このタイプを管理職で上に上げていくと組織がガタガタになってしまう。いつも自分のことを気遣うから、組織や会社のことが二の次になってしまうからです。

厳しさは、その部下を何とか伸ばして自分を超えてもらおうとすることの裏返しです。何も言わなくて部下が育つなら、その上司がいる必要がありません。やさしさと厳しさは、表裏一体です。
だから「相手に対する気遣いができること」がマネジメントには必要不可欠なのです。

東洋経済より引用の朝礼スピーチネタ

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
嫌われたくないから、言うべきことを言わないのでは、人を育てられない。相手の成長や成功を促すために、優しさに裏づけされた厳しさを持つことも大切。
ただし、あくまで『相手に対する気遣い』から出る厳しさがプラスになるのであって、決して理不尽な厳しさにならないよう注意する。
叱るのと同時に、相手のいいところを見つけて褒めることも欠かさない。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。