FC2ブログ

朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸期に学ぶマナー・朝礼ネタ

朝礼ネタ・スピーチネタ
江戸に学ぶマナー 礼儀作法の朝礼ネタ

江戸時代、100万都市だった江戸は、高い人口密度をカバーするマナーも発達していった。

【会釈のまなざし】
見ず知らずの人でも、すれ違う際は目を合わせ、さりげなくあいさつした。

【七三歩きのしぐさ】
町民が道路を通るときは、道の左側の三分を通った。残りの七分は公道で、火事の火消しや病人の搬送などの緊急用に空けておいたという。

【傘かしげ】
雨の日に狭い路地をすれ違うとき、お互いに反対側に傘を傾けた。

【こぶし腰うかせ】
江戸期は渡し船などの公共交通機関に乗る際は、少しでも多くの人が座れるように、こぶしで腰を浮かせ、譲ったという。

産経新聞より引用の朝礼スピーチネタ

*一分間三・分間朝礼スピーチ例文
マナーは他人を思いやる気持ちのあらわれ。相手の気持ちを察し、自分がしてもらって嬉しいことを行い、人にされたら嫌なことはしないという基本的なもの。相手を思いやる気持ちがないと、マナーも悪くなり、よい人間関係を築くことができない。円滑な人間関係を築くことのできない人は、信頼を得ることもできず、業務にも支障をきたす。
良好な人間関係を築き、他者から信頼を得るために、ビジネスの場ではもちろん、日常生活でも服装・挨拶・気遣い等、基本的なマナーを守れているかもう一度確かめる。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。