FC2ブログ

朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスを注意する前に・朝礼ネタ

朝礼ネタ・スピーチネタ
ミスを繰り返す部下への注意の仕方

相手に注意する前に、まずは、「どうなってほしいのか」というゴールを定めたうえで、「何が起きているのか」という"事実"、それに対して「どう感じたか」という"感情"、そして、「何をしてほしいのか」という"要求"を順番に整理していきます。

"事実"を整理する際に注意したいのは、相手だけでなく、自分の言動も含め客観的に観察すること。例えば、思った通りの報告書が上がってこなかったとしたら、それは自分が明確な指示を出さなかったからかもしれません。

そして、次に、事実に対する自分の"感情"を誠実に言語化します。感情を言語化するということは、感情的になることとは違います。

例えば、何度言っても言うことを聞かない部下がいたとします。これに対して、「もう、いい加減にしてくれ!」というのは、正直な気持ちを口にすることなく、相手を一方的に責める感情的な言い方です。
しかし、「何度も言っているけど、私の言っていることが伝わっていなくて悲しい」というのはどうでしょう。これが、正直な気持ちを口に出して言うということ、つまり感情を言語化するということなのです。

最後に、どんなことを部下に求めているのかという"要求"を明確にしてください。要求は具体的かつシンプルに、そして、「人格を変えろ」とか、「過去に起きたことを変えろ」などという要求ではなく、相手がなんとかできる実現可能なことにしましょう。

日立ソリューションズビジネスコラムより引用の朝礼スピーチネタ

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
相手を変えるには、ただ感情をぶつけるだけでも、要求を伝えるだけでもいけない。相手に改善を求める前に、自分に改善すべき点はなかったのか客観的に省みる。
自分が明確に指示を出していたか、内容や期限を具体的に伝えていたか等を見直し、抽象的でわかりにくい伝え方になっていれば改善する。その上で相手に改善をうながすと説得力も増す。
相手を変えるためには、まず自分の指示を正しく変えることが必要。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。