FC2ブログ

朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発想の転換で革新・朝礼ネタ

朝礼ネタ・スピーチネタ
存続の危機を乗り越え、発想転換 M5からイプシロンへ

鹿児島県・内之浦宇宙空間観測所から飛び立ったイプシロン。
イプシロンの開発責任者森田泰弘さんは2006年9月、同じ内之浦でM5ロケット最後の打ち上げを悔しい思いで見守った。「世界最高性能の固体燃料ロケット」と呼ばれるまで進化したM5だったが、宇宙開発を取り巻く環境変化の中、高コストの批判を浴びて廃止に追い込まれた。

後継機に求められたのは何よりもコスト削減だったが、M5に劣るようなロケット開発では意味がない。試行錯誤の日々が3年近く続いた。

大きなヒントになったのは、勉強会で取り上げられたITの活用だった。「これから必要なのは、いかに簡単に打ち上げるかという仕組みの改革だ。アポロ以来の古くさい打ち上げシステムを卒業しない限り、未来はない」。こう発想を転換してからは、パソコンを使ったモバイル管制、自律点検、短期間での射場整備と、世界の先を行く仕組みを次々と形にしていった。

時事通信より引用の朝礼スピーチネタ

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
行き詰った時は、新たなステップに進むチャンスでもある。
『それまでこうだったから』という固定観念に縛られていては、柔軟な発想が妨げられてしまう。従来の方法を見直し、発想の転換をすることが問題の解決につながる。
発想の転換をするためには自分の専門だけでなく違うジャンルにも目を向ける。そこから今まで思いもしなかった解決方法のヒントが得られる。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。