FC2ブログ

朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語尾まではっきりと話す・朝礼ネタ

朝礼ネタ・スピーチネタ
プレゼンやスピーチでは、語尾をはっきりと聞き取りやすく話す

よく見かけるのが「聞き取りにくい語尾」です。聞き取れない理由はさまざまで、単純に声が小さくて聞こえなかったり、早口すぎて内容が聞き取れなくなる人もいます。また、「○○なんですけど……」と文章の途中で言葉が終わってしまうこともあります。

話の途中まではテンポよく元気にしゃべっているのに、語尾だけ急に小さくなったり、しゃべるにつれてだんだんとペースアップし、猛スピードで話し終えたりすることは意外と多いものです。聞き手は小さい声に対しては「自信がない」、早口に対しては「落ち着きがない(つまり自信がない)」という印象を持ってしまいます。

日本語は、語尾で肯定文か否定文かが決まります。例えば「今期の売り上げは予算達成しました/しませんでした」「今回の施策を採用します/しません」など。聞き手に誤った認識を持たせないように、相手が聞き取れない話し方は、避けなければなりません。

誠 Biz.IDより引用の朝礼スピーチネタ

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
声の大きさ、スピード、語尾の使い方で、相手に与える印象はまったく変わる。小声で早口、語尾が不明瞭なプレゼンやスピーチだと、相手には自信がないように聞こえ、心に響かないどころか、不安にさせたり、内容を誤解させてしまうこともある。
なので、プレゼンやスピーチの際には、間を取りながら早くなりすぎないよう気をつけ、語尾まで意識して大きくはっきりとした声で話す。なにより、話す内容を自分自身でしっかりと理解し、妥協せず確信の持てる内容を作成する。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。