朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挨拶の語源・朝礼ネタ

今日の朝礼ネタ・スピーチネタ
挨拶の語源・由来『一挨一拶』

挨拶の「挨」という漢字には「押す」「開く」の意味があり、「拶」には、「迫る」「押しつける」との意味がある。「挨」にも「拶」にも「せまる」や「押す」の意味があり、挨拶の文字本来の意味は「そばに身を摺り寄せて押し合う」ことである。

禅宗では、問答によって相手の仏法修行の深浅をはかることを「一挨一拶(いちあい・いちさつ)」と呼んでいた。
時が経つにつれて次第に問答だけではなく日常生活にも用いられるようになり、相手の様子を伺ったり寒暖の言葉を取り交わすなどの儀礼的な意味合いが生じてきた。

言葉自身も「一挨一拶」から略されて「挨拶」とされ、お辞儀や受け答えに対しても用いられるようになったといわれている。

雑学事典より引用の朝礼ネタニュース

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
挨拶には、その本来の意味からも分かるように、『心の扉を押し開き、お互いの距離を縮める』効果がある。
事務的に挨拶をするのではなく、明るい表情で思いやりといたわりの気持ちを込めて挨拶をする。そうすることでお互いの距離を縮め、心を開いてもらえる。
信頼関係を築くにはまず心を込めた挨拶をすることが大切。目上・目下にかかわらず、自分から積極的に挨拶をしよう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。