FC2ブログ

朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕にまつわる説話・朝礼ネタ

今日の朝礼ネタ・スピーチネタ
七夕にまつわる説話

織姫は天帝の娘で、織物の上手な働き者の娘であった。彦星もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は織らなくなり、彦星は牛を追わなくなった。

このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけは会うことをゆるし、天の川にカササギが橋を架けてくれ会うことができた。

しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず彦星も彼女に会うことができない。この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と彦星が流す涙といわれている。

Wikipediaより引用の朝礼スピーチネタ

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
プライベートが楽しいと仕事にも意欲がでるが、プライベートな問題を仕事の現場に持ち込み、周りに迷惑をかけるのは社会人としてマナー違反。プライベートは大切にしつつも、仕事となったらそれに集中する。
そのためにも今すべきことに優先順位をつけ、時間を有効的に使う。そうすることでプライベートを充実させる余裕ができ、ストレスなく仕事にも取り組める。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。