FC2ブログ

朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦情から生まれたヒット商品・朝礼ネタ

朝礼ネタ・スピーチネタ
苦情・クレームをもとに開発された“乾いた状態を維持する傘”

『ぬれた傘を車の中に持ち込んだら、ビチョビチョになった』
『傘を閉じても、電車の中でぬれてしまった』

福井洋傘社長の橋本肇さん橋本さんは当初、「そんなこと言われても……」と戸惑ったという。

しかし、混雑した通勤電車の中では、ぬれた傘で他人に迷惑をかけることもあり、他人の傘で自分の服がぬらされることもある。傘を閉じたら水滴が全部一気に落ちるような傘ができれば、これらの問題は解決できる。傘の常識を覆す新商品の開発が始まった。

17年1月、布地に水をはじく高密度のポリエステルを使い、閉じると瞬間に水滴をはじき、常に乾いた状態を維持する傘を販売。当初計画の3倍の売り上げを記録した。

橋本さんは、貴重なヒントをくれた消費者の苦情・クレームに感謝している。

Business Media 誠より引用の朝礼スピーチネタ

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
クレームや苦情を貰うと、ネガティブな考えにとらわれやすい。
そこで落ち込んだだけで終わるか、商品やサービスを改善できるチャンスだと前向きに捉えるかで、業績も自身の抱えるストレスも変わる。
クレームや苦情を相手の視点から考えることで、改善点が見えてくる。顧客のためだけでなく、自分のモチベーションのためにも、受けたクレームや苦情を活かす方法を考え、実践する。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。