朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレッシャーを緩和するために・朝礼ネタ

朝礼ネタ・スピーチネタ
若田光一さん、船長任務に責任と緊張感

国際宇宙ステーション(ISS)で日本人初の船長を務めた若田光一さんが29日、都内で記者会見を開き「これまでにない緊張感があった」と船長任務を振り返った。

「4回飛行したが、毎回感じる恐怖は自分が失敗すること。今回は船長として乗組員全員の健康や安全、ISSの機能維持が重要で、これまでにない緊張感があった」と語った。

滞在中に苦労したことについて「飛行士と地上管制員の能力を発揮するにはコミュニケーションを円滑に図ることが大切で、難しかった。宇宙船の到着が遅れたときも、飛行士の健康を保ち、実験を台無しにしないようにすることは難しかったが、学んできたことを生かしてうまくできた」と話した。

産経新聞より引用の朝礼スピーチネタ

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
大きな仕事をまかされると、その責任の重さに押し潰されそうになることがある。そんなときは「自分はあれだけの努力と準備をしてきたのだ」と考えること。それが「自信」につながり、プレッシャーを緩和してくれる。その自信を持つために、日々能力を高める“具体的な”努力をし、入念な準備を欠かさないことが大切。
また日ごろから利他的な行動をとって信頼を得ていると、自分がプレッシャーで押し潰されそうなときでも、周囲が協力し、支えてくれる。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。