朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故を防ぐために~ハインリッヒの法則・朝礼ネタ

朝礼ネタ・スピーチネタ
事故を防ぐために ハインリッヒの法則とは

ハインリッヒの法則 は、労働災害における経験則の一つである。1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。

法則名はこの法則を導き出したハーバート・ウィリアム・ハインリッヒに由来している。彼は、ある工場で発生した労働災害5000件余を統計学的に調べ、計算し、以下のような法則を導いた。

「重傷」以上の災害が1件あったら、その背後には、29件の「軽傷」を伴う災害が起こり、300件もの「ヒヤリ・ハット」した(危うく大惨事になる)傷害のない災害が起きていたことになる。

wikipediaより引用の朝礼スピーチネタ

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
小さなミスは見過ごされがちだが、結果として大きな事故に至らなかっただけの場合がある。ヒヤッとするような小さなミスや危ないと思ったことをそのまま放置せず、それを皆に伝え、注意を促す。
これを一人ひとりが実行し、情報を積み重ねることで、重大な災害や事故のを未然に防止することができる。
もし思い当たることがあれば、朝礼や会議の場で欠かさず報告し、職場全体で情報を共有した上で対策を行う。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。