朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故やトラブルを仕組みで防ぐ・朝礼ネタ

朝礼ネタ・スピーチネタ
東急多摩川線あわや 踏切遮断棒突然上がり、そこに電車

東京都大田区の東急多摩川線矢口渡―蒲田間の踏切で10月14日、遮断棒が上がった状態で電車が通過するトラブルがあった。警報機は点滅、鳴動したまま、いったん完全に下りていた遮断棒が上がり電車が通過。ケガ人はいなかった。
台風19号の強い風雨でレールにさびが生じ、電車の接近を正しく検知できずに遮断機が誤作動した可能性があるという。

運転士は踏切通過前、点灯していた遮断棒の降下完了を示す線路沿いの信号が消灯したのに気づき、非常ブレーキをかけた。だが、間に合わずに電車は踏切を約84メートル行き過ぎた。

同社では、08年10月にも大井町線で同様のトラブルが発生。当時も、雨の後に天候が急速に回復した状況だった。

スポニチより引用の朝礼スピーチネタ

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
事故やトラブルを起こさないよう意識して仕事に取り組むのはもちろんだが、トラブルを起こさない仕組みを作ることも重要。事故やトラブルが起こりやすい業務なら、それが何故起こるのかを調べ、二度と起きないように作業工程の改善、チェック機能の強化、人員の配置、道具の改良などを行う。
また一つのミスがあってもそれが大きな問題へと発展しないよう、すぐにフォローして被害を最小限に抑えることのできる仕組み作りも重要。
リーダーや責任者だけでなく、その作業に関わる全てのものがこれを考え、アイデアがあれば進んで提案する。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。