朝礼ネタ・朝礼での一分間スピーチネタ話題集

朝礼で使える一分間・三分間スピーチネタ、ニュース、雑学を紹介。朝礼ネタブログサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清掃担当からお礼の手紙・朝礼ネタ

朝礼ネタ・スピーチネタ
「ごみひとつなく感激」 新幹線の清掃担当からお礼の手紙

「通路にごみがひとつもなく大変驚きました」「大変きれいにご利用いただき感激した」
こんな文面の一通の封書が1月下旬、毛呂山町立川角中学校に届いた。差出人は、東京駅で新幹線車両の清掃業務を担当する会社の女性社員。同校の2年生が修学旅行で東海道新幹線を利用した際、生徒らの行き届いた清掃に感激した女性からのお礼だった

「貴校に利用いただいた車両の清掃を担当した者です」と始まり、車両にごみがなかったことに触れ「貴校の普段の教育ならびに引率教員の方の行き届いた指導を、生徒の皆さまがよく理解され、大変きれいにご利用いただき、感激した」とつづられている。

修学旅行の実行委員長を務めた斉藤望さん(14)は「思い出に残るイベントにするため、マナーを守ることを目標にした。車両のごみは実行委が率先して片付け、周囲の生徒らも協力してくれた。自分たちで実行したことに感謝され、最高の思い出になった」と喜んでいる。

大里校長は「使命感を持って行ったことが評価され、生徒らは自信がついたように見える。生徒の良さと取りえを伸ばすためにプラスのスパイラルになってくれれば」と目を細めている。

埼玉新聞より引用の朝礼スピーチネタ

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
言われなくてもやるべきことをしっかりやっていれば、必ず誰かが見ていて評価してもらえる。 逆に誰も見ていないからと言って手を抜けば、必ず知られ評価を落とすことになる。
普段から手を抜かず、言われた以上の仕事をしていれば、評価が上がるだけでなく困ったときに助けてくれる味方も増える。
また部下や後輩が素晴らしい仕事をしたときは、しっかりと褒め、相手のモチベーションを上げることも忘れない。

考えるより、まず実践・朝礼ネタ

朝礼ネタ・スピーチネタ
「やってみようかな」と思った瞬間が、絶好の機会

『機が熟したら』なんて言っている間に、人生は終わります。
迷ったらやってみるしかないでしょう。
そりゃ、いろいろな条件がそろったほうがいいですよ。
でも全部がそろうことなんてないんです。
逆にそろったことに気づけるとも限らない。
ならば、やってみようかなと思った瞬間が、絶好の機会なんです。

株式会社一休 代表取締役 森正文氏の言葉より引用の朝礼ネタ

*一分間・三分間朝礼スピーチ例文
じっくり考えるのも大切だが、リスクを恐れて実行に移さなければ、いつまで経っても結果を残せず、成長もできない。
行動しないことで時間を浪費するよりも、まずやってみて経験を積むことが大切。もし失敗しても、その経験から学ぶことで、次の成功へとつながる。
いつチャンスが来てもいいように、常日頃から準備を怠らない。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。